Kill ‘Em All / METALLICA

スポンサーリンク

レビュー

メタルという音楽に興味がなくとも、「メタリカ」というバンドを知らない人はそうそういないだろう。メタルにとどまらず、ロック界の超大御所「メタリカ」の記念すべきファーストアルバム。そして、「最初の」といえば異論はあるだろうが、間違いなく「スラッシュメタル」というジャンルを広く世に知らしめるきっかけアルバムである。

 

 

現在のメタリカは、確かに直近の「Hardwired」や「Death magnetic」では叙情性や攻撃性、そしてヘヴィであることがバランスよく成り立っている。ただこのアルバムは、現在の独特の叙情性がまだみられない代わりに、非常に勢いのあるアルバムとなっている。まだ「スラッシュメタル」というジャンルが確立していなかった時代であり、「激しいNWOBHM」という範疇として捉えることもできる音楽性である。これより後のアルバムとの違いの理由は、まだ天才「クリフ・バートン」が本格的に曲作りに携わっていなく(6曲目のインスト曲のみ)、さらに後にメガデスを立ち上げることになる「デイブ・ムステイン」が携わっていることによる。デイブ自身はこのアルバムが発表される以前に、その酒癖の悪さからメタリカを解雇されているが、その時すでにデモは撮り終えていた。

 

 

さらに、メタリカのサウンドといえば、ミドルを削った代わりにローとハイを強調した「ドンシャリ」サウンドが有名である。しかしこのアルバムはどちらかというとザクザクと切れのいい、これぞスラッシュメタルという音作りとなっている。たぶんこのギターの音を再現して「これがメタリカサウンド」といってもピンと来る人は少ないんじゃ無いだろうか?(私も「そうだと答えられる気がしない」)。先述の音楽性の違いを含め、このアルバムはある意味メタリカとしては異色のアルバムともいえる。

 

「メタリカ」というバンド、および「スラッシュメタル」という2つのジャンルにとって非常に重要でありながらも、単純に「メタルのアルバム」という観点からも満足のできる1枚である。

 

スポンサーリンク

楽曲解説

1曲目「Hit the Lights」
このアルバムを象徴するような楽曲。クラシックメタルの面影がありつつも、スラッシュメタル特有のザクザクとしたリフがすでに生まれている。

 

2曲目「The Fouer Horsemen」
現メガデスのデイブ・ムステインが関わっている。ただ中間にあるややペースダウンした部分は後から加えらたものらしく、この後デイブはメガデスで「Mechanix」という曲でオリジナルの形で発表している。「Mechanix」はファストで攻撃的な楽曲だが、こちらはややペースを落としている代わりに跳ねるようなリフとなっており非常にノリのいい曲である。

 

3曲目「Motorbreath」
4曲目「Jump in the Fire」

一転して疾走感に溢れるナンバーとなるが、その後に続く4曲目でまたややスピードを落とす。といっても、後のアルバムのように完全に「静と動」が別れている訳ではない。

 

5曲目「(Anesthesia)Pulling Teeth」
クリフ・バートンがこのアルバムで唯一関わっている(というかほぼ彼のソロ作)。若さと勢いで溢れた楽曲である中、静かで哀愁のあるベースソロがこのアルバムにアクセントをつけている。

6曲目「Whiplash」
7曲目「Phantom Lord」
8曲目「No remorse」
先ほどの曲から一転して非常に勢いのあるスラッシュメタルナンバーが続く。アルバムらしいクラシックメタルとスラッシュメタルの両方の性質を併せ持った楽曲が並ぶ。

 

9曲目「Seek & Destroy」。
出だしのリフに定評のある楽曲。こうしたスラッシュメタルバンドでありながら、高品質なミドルテンポの楽曲を作れるところがメタリカというバンドの魅力なのだとわかる。そして曲の中盤でややテンポが上がったりするなど、個人的には後のメタリカの方向性をどこか匂わせている楽曲であるように思える。

 

10曲「Metal Militia」。
最初からアクセル全開で、そのまま最後までフルスピードで駆け抜ける、正真正銘のスラッシュメタルナンバー。個人的にジェイムスの歌い方も相まって、エクソダスを彷彿させるのが気のせいだろうか? 確かにカークは元エクソダスであるにしても、この曲作りには関わっていないはずだが・・・。

 

 

 

メタリカの「Kill 'Em All (Remastered)」
アルバム・1983年年・10曲

 

スポンサーリンク

アルバム情報

収録曲

  1. Hit the Lights
  2. The Fouer Horsemen
  3. Motorbreath
  4. Jump in the Fire
  5. (Anesthesia)Pulling Teeth
  6. Whiplash
  7. Phantom Lord
  8. No remorse
  9. Seek & Destroy
  10. Metal Militia

メンバー
James Hetfield – Vo.Gt.
Kirk Hamett – Gt.
Cliff Burton – Ba.
Lars Ulrich – Dr

スポンサーリンク

関連動画

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました