CONFESSIONS / Mary’s Blood

レビュー

日本発女性メタルバンド、メアリーズ・ブラッドの5枚目のアルバム。

全体を聴き終わった印象、なぜか「静か」であった。
決してバラードが多い訳でもなく、ロックで勢いのあるナンバーやガチガチのメタルナンバーもあるのだが、サウンドが非常にすっきりしているからだろうか?

 

ただこのレビューを書くにあたって何度か聞いていると、なるほど「静か」である印象は間違いないが、そのなかにある衝動性がうまく内包されている。多様かつエモーショナルな雰囲気が、静寂性で綺麗にコーティングされている。

 

 

楽曲解説

1曲目「Labyrinth of the Abyss」。出だし含め要所要所で用いられているストリングスが印象的で、それが緩急をつけている。ただ主要パートは「Mary’s Bloodらしい」と思う。

2曲目「Karma」はイントロの重いギターのサウンドとは対照的に、サビは荘厳な雰囲気。

3曲目「アルカディア」はなんとなく最近のHelloweenを感じさせるストレートなメタルナンバー。

4曲目「Laylah」エスニックな雰囲気が特徴的。アルバム全体の中でもちょっと特異な感じがする。

5曲目「エイム」全体の雰囲気はやや静かな感じ。ただ短いながらもキレッキレのギターソロが印象的

6曲目「Hello」先ほど同じく静かではあるが、これからの夏のシーズンに合うような爽やかな楽曲。

7曲目「Mermaid Serenade」イントロは再度コテコテのメタルナンバーかと思いきや、ちょっとアダルティな雰囲気を持つ、J-POPっぽい曲。

8曲目「HIGH-5」インディーズのロックバンドっぽい感じのナンバー。メタル好きとしてはピンと来ないが、逆にこのような雰囲気の曲をアルバムに収録できるのがこのバンドの強みか。

9曲目「GO AHEAD LAUGH」は一転してコテコテのジャパメタナンバー。社畜生活で擦り切れている自分にとってはエールをもらっている感じの歌詞が印象的(私情失礼)。

10曲目「VirtuaReaL」もメタル色の強い曲。曲中盤のギターソロへ続くパートがメタリカの「DAMAGE INC.」っぽい。

11曲目「贖罪の鐘~Requiem for the victims~」はワルツのような感じの、荘厳でかつおどろおどろしい感じ。そこに叙情的なギターそろが合わさって、独特の雰囲気を持つ。実際は5分ほどの楽曲なのだが、展開が多様なので割と長めの曲であるように感じる(決して退屈とかそういうのではない)。

繰り返し聴くことで印象が変わり、メンバーの音楽性の多様性かつ多才さが感じられるアルバム。

 

 

Mary's Bloodの「CONFESSiONS」
アルバム・2019年年・11曲

 

アルバム情報

リリース:2019/6/12

 

収録曲
1. Labyrinth of the Abyss
2. Karma
3. アルカディア
4. Laylah
5. エイム
6. Hello
7. Mermaid Serenade
8. HIGH-5
9. GO AHEAD LAUGH
10.VirtuaReaL
11.贖罪の鐘~Requiem for the victims~

 

メンバー
EYE – Vo.
SAKI – Gt.
RIO – Ba.
MARI – Dr.

 

関連動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました